おっさんSEの趣味ブログ

主に海外ドラマの感想、英会話学習について
glee S1 EP4 カートの告白
0

    JUGEMテーマ:GLEE

    glee S1 EP4「カートの告白」(PREGGERS)

     

    今回は割とカートのシーンが多いですね。

    物語はカートが家でティナとブリトニーとで「Single Ladies」を踊っていたところを父バートに見られてしまうところから始まる。

     

    最初このダンス見たとき、「ダセェっ」と思ってしまいましたが、あとで調べてみれば超Coolなダンスでした。

    日本人なんで少しレオタードが古臭くてダサいものと感じてしまいます。

     

    カートはアメフト部の練習だとバレバレの嘘をつきますが、じゃあ今度試合見に行くよと父バートは言います。

    カートは「父よ!察してくれ!嘘なんだよ!」という顔をします。(想像)

     

    一方、gleeクラブではやはり今回もトラブル発生。二つも!!

    一つ目はレイチェルが「ソロがどうしても欲しい病」発症(いつもかw)

    二つ目はクイン妊娠!?

     

    おいおいまだ四話目なのに飛ばしすぎじゃないかい!?と思いましたよ。ええ

    海外ドラマのこのスピード感はたまらんね。

     

    最終的にはレイチェルは病気を拗らせすぎてgleeクラブを抜けてしまい、

    クイン、フィン、あとパックのメンタルはボロボロや。

    なんでこうトラブルって続くんでしょうね。(ドラマだからかw)

     

    唯一、良かったのはカートがバートにカミングアウトが出来たこと。

     

    カミングアウトされてもバートは「知ってたさ」と動じていないふり。

    でも本当はやっぱり動揺していて、いつか男らしくなってくれると期待していたんじゃないかな。

     

    あぁ早く次の回が見たいと思う回でした。

     

    あ、ちなみにレイチェルが途中歌ってた「Taking Chances」は圧巻でしたね。

    こんな歌が上手い学生はいないよ。。。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | 達也 | 海外ドラマ(glee) | 15:01 | comments(0) | - |
    英語で数えられないくらい〜と言いたい時
    0

      英語で


      数えられないくらい〜

      とか言いたい時は


      I can't count the number of times 〜


      って言おう。

      結構日常生活で使えそうだね。

       

      「意味」

       ・数えきれないくらい...した。

       ・何回...したか分からない。

       

      意識して使うことで玄人っぽさが出る??

       

      例)

      I can't count the number of times I've watched that drama!


      数えきれないくらいそのドラマを見たよぉ〜!



      | 達也 | 英会話 | 17:34 | comments(0) | - |
      glee S1 EP3 彼らの名はアカフェラス
      0

        JUGEMテーマ:GLEE

        glee シーズン1 第3話「彼らの名はアカフェラス」(ACAFELAS)

        さて今回は。。

         

        本当は赤ちゃんできてなかったのに両親に我慢できず、打ち明けてしまったウィル先生。

        テリさん、まじピンチ。というかもう手遅れ。。。。

         

        そんな頃、gleeクラブではレイチェルからダンスの振り付けをダメ出しされてしまう。

        どうやらレイチェルのダメ出しのきっかけはあのクイン達が原因のようだ

         

        ウィル先生はすっかり落ち込んで他の先生と傷を舐め合ってる。

        ところがふとしたきっかけでみんなで歌うことに目覚める。

         

        そこからもうおっさん達は水を得た魚のごとく目、キラキラさせて歌いまくる。

        ケンタナカもエマ先生に認められたくて奮闘する。

         

        そして今回の注目のシーンはカートとメルセデスの恋愛について。

        明らかにカートはゲイなのにメルセデスは本気です。

        ノリノリで「私達、公式に付き合ってるて言おうよ。何回もデートしたじゃん。」とのこと。

         

        だがカートは「そんなつもりなかったんだ。僕は他に好きな人がいる」と伝える。

        さすがモテモテカート。こんなセリフ言ってみたいね。

        それに切れたメルセデスは覚醒。。

         

        ウォーーーーーーーーーーーーーっと大石を持ち上げてカートの車に大きな風穴を開ける。

        なんてこった。と口あんぐりカート。

        俺爆笑w

         

        そして

         

        「Bust Your Windows」

         

         

         

        gleeは感動するシーンも多いけど

        こういうアメリカらしいはっちゃけたコメディ要素もあって好きですね。

         

         

         

         

        | 達也 | 海外ドラマ(glee) | 19:17 | comments(0) | - |
        If we’re gonna succeed, we both need to change our mindsets.
        0

          一応、gleeを見ながら英語の勉強もするって決めたし。。

          自分のメモ程度にブログに翻訳書きます。

           

          glee S2 EP2 SHOWMANCEにて

           

          レイチェルとウィルがソロをクインに取られたのは

          集会で黙ってセクシーな歌を歌ったからですか!?

          って聞いた時のウィルの返し。

           

          Contrary to your beliefs, it’s not all about you.

          君の思いとは反対に君のせいじゃないよ。

          Or, I’ve realized, about me. Look, I screwed up too.

          つまり、僕は悟ったよ。僕のせいだ。僕がしくじったことも関係してる。

          I’m as responsible for what you did at the assembly as you are.

          僕に同じくらい責任があるよ。君がした集会にね。

          I should never have pushed disco so hard.

          僕はあんなに激しくディスコソングを押すべきではなかったんだ。。

          When we did it back in ’93, the disco revival was in its heyday.

          僕らの頃。。93年代はディスコ再興の絶頂期でね。。

          It was cool.

          それはとてもかっこよかった。

          We had fun.

          楽しかった。。

          And that- That is what Glee is supposed to be about.

          そしてそれは。。それがgleeにとってのものだと思う。

          If we’re gonna succeed, we both need to change our mindsets.

          もし成功したいなら、僕らは意識を変えなきゃダメなんだ。

          You’re not always gonna be the star.

          いつもスターじゃなくても良いんだよ

          But I promise to do my best to make sure you’re always having fun.

          でも全力を尽くすよ。君が楽しめるようにね。

          This is a good thing, Rachel. We’re on our way.

          うまくいくよ、レイチェル!僕らは僕らのやり方で!

           

          だいぶ間違ってる気がします。。。

          翻訳って難しい、

           

           

          | 達也 | 英会話 | 20:00 | comments(0) | - |
          glee S1 EP2 ディスコミュージックはお好き?
          0

            JUGEMテーマ:GLEE

            glee シーズン1 第2話「ディスコミュージックはお好き?」(SHOWMANCE)

             

            原題の「SHOWMANCEとはロマンスの事らしい。。。

             

            さて今回はというと。。

            前回、「ヒャッハー。俺は夢に生きるぜ!」という感じだったウィル先生は完全に調子ノリノリです。

            そしてなんかgleeクラブ全員が調子乗っちゃってます。(カートを除いて。カートは未だにゴミ箱に捨てられてる。。)

             

            しかしgleeクラブでは先生と生徒の間で溝ができていました。

            ウィル先生のやりたい音楽と生徒のやりたい音楽が違う。

            音楽の方向性の違いってやつですよ。

             

            まぁ確かに世代が違うし、やっぱり昔の音楽はダサいと思っちゃうのがこの年頃の子ですよね。

             

            そんな中、週末の集会で「Le Freak」を歌うことに。(東京MXの「5時に夢中」で流れている曲です)

             

            こんなダサい曲歌いたくないよーと生徒の不満爆発。だがウィルは無視。

             

            先生に訴えても無駄だということがわかり、生徒だけで秘密裏に違う曲を歌うことに。。

             

            結果はというと意外に生徒には好評。校長もノリノリ。

            だけど結局、生徒の親から抗議メールが来てウィル先生怒られることに。

             

            ただしさすが校長、生徒の才能も認めそこまで怒らず、チアの予算もgleeに少し分けると。

            (なんだかんだ良い人だよね。校長って。)

             

            場面は変わってフィンとレイチェルの練習シーン。

            講堂を使って二人きりで練習。贅沢だね〜。でなんだかんだでキスシーン。

            だが例のアレでレイチェルから逃げ出すフィン。

            アメリカのドラマは展開が早いね〜。

             

            一方フィンの今カノ、クインは最近、レイチェルと仲良いフィンが心配になり、スパイとしてgleeに入ることに。

            そしてクインにソロを取られるレイチェル。

            クインにフィンもソロも取られて意気消沈な彼女が歌う曲は

            Take a Bow」

             

             

             

             

             

             

             

             

            | 達也 | 海外ドラマ(glee) | 06:24 | comments(0) | - |
            glee S1 EP1 新生グリー誕生
            0

              JUGEMテーマ:GLEE

              glee シーズン1 第1話

              「新生グリー誕生(pilot)」

               

              アメリカで2009年に放送された超名作海外ドラマの第1話

               

              ちなみにpilotというのは✈を運転するあのクールな奴らではなく、放送する会社に売り込むために前もって作成するデモ的なやつのことです。

               

              こんなしっかりしたものを作り込んでもボツになることがあるんでしょうか。。。

               

              さて以降は軽くストーリーの説明を。。。

               

              最初のシーンは華やかなチアリーダーが登場し、その後、イケイケグループがイケテナイやつをゴミ箱に捨てるなど、そんなアメリカっぺーという感じで始まる。

               

              そしてその後、話は進み、このドラマのメインである落ちこぼれgleeクラブが潰れそうだぞーという話をイケメン講師ウィル先生が聞く。

               

              なんてこった!gleeクラブは栄光のクラブじゃないのか。

              んなアホな!と学生時代gleeクラブでブイブイ言わしてたウィル先生は思うわけだ。

               

              そこでウィル先生はgleeクラブを潰したくないと顧問を買ってでる。

              ウィル先生はよし!俺はやってやるぞ!とNew Directionsと名前を決めてメンバー探しをする。

               

              そこで何人かオーディションをするわけだがあまり人数が集まらず、やっぱり人気がないクラブはしんどいなと痛感する。

               

              他のクラブに助っ人を求めるがどれも不発。

               

              どうしようかと悩んでいると、どっかからイケメンな歌が聞こえてくる。

               

              ウィル先生はそこでフィンを見つけ「よし君に決めた!」とターゲッティング。

               

              ただし、フィンはアメフト部のクォーターバックな訳で正攻法ではクラブ加入は難しい。

               

              そこでウィル先生は行動する。

               

               

              生徒を騙すんですね。

               

               

              抜き打ちの持ち物検査やったらお前の荷物からヤベーやつ出てきたぞって脅すわけですね。はい。

               

              先生としてはやってはいけないのですが、多分ここでフィンを入れないとおそらくゲームオーバーですからまぁ仕方ない。

               

              そこでイケメンのフィン君が入ることで少しずつうまくいっていくのですが、またもやトラブル。

               

              「ウィル、できちゃったムエタイ(お笑い芸人千鳥さんから拝借w)」

               

              めでたいことですが、問題は経済的な問題。

               

              やっぱり優先順位としては家族を優先しますよね。

               

              先生の給料だと厳しいので会計士に転職をすることに。

               

              gleeクラブがこれからって時に顧問が辞めるというピンチ!

               

              だけどなんだかんだgleeクラブは諦めない。

               

              フィンは腹を決め、両方全力で頑張ると決める。

               

              そしてウィル先生に秘かに思いを寄せていたエマ先生も必死に説得。

               

              ウィル先生だいぶ心が揺れる。

               

              そんな時に遠くの方からなんか音楽が聞こえてくる。

               

              音の方に歩いて行き、見たものは。。。。。。。。

               

              ジャーニーの「Don't stop believing」を歌っている生徒でした。

               

              もうウィル先生は考えることをやめ「ヒャッハー」とgleeクラブの輪に入って行きました。

              めでたし。めでたし。

               

               

               

              個人的には一話がやはり一番面白いと思います。

              今までに途中で諦めたことがある人とかは特にくるものがあるんじゃないかな。

              最後にウィル先生が言った「From the top!(最初から!)」。なんとなく自分の中でヒットしています。あの響き、なんか良い。

               

               

               

              | 達也 | 海外ドラマ(glee) | 09:40 | comments(0) | - |
              ブログ始めました
              0

                こんにちは。。

                 

                ブログ始めてみました。

                毎日を会社に捧げている社畜です。

                 

                最近、英会話とか資格勉強とかの自己啓発部分が

                マンネリ化しているので自己研鑽のためにもブログ始めてみました。

                 

                よろしくお願いします。

                 

                 

                 

                | 達也 | - | 20:24 | comments(0) | - |
                 123456
                78910111213
                14151617181920
                21222324252627
                28293031   
                << October 2018 >>
                + SELECTED ENTRIES
                + CATEGORIES
                + ARCHIVES
                + スマートフォン画面に戻りたい。。。
                + MOBILE
                qrcode
                + LINKS
                + PROFILE