おっさんSEの趣味ブログ

主に海外ドラマの感想、英会話学習について
<< 追悼 マーク・サリング | main | glee S1 EP9 グリー部の車いす体験記 >>
glee S1 EP8 迫られた究極の選択
0

    JUGEMテーマ:GLEE

    glee シーズン1 第8話「迫られた究極の選択」(MASH-UP)

     

    ヒーハー!俺は「Bust a Move」が好きなんだぜ〜

    一緒に歌おうぜ!セイッ!

     

    俺は歌えんよ〜byフィン

     

    俺も歌えんよ〜byパック

     

    しょうがねぇなぁ〜俺が歌うよ〜とウィル先生しょっぱなからテンションあげぽよですよ

     

     

    フィンは、アメフト部のメンバーからグリークラブの件とクインの妊娠をネタに嫌がらせをされる。

    怒ったフィンは、喧嘩をしてしまう。

    そんな中、アメフト部コーチのケンからもgleeとアメフトどっちなんだい!と選択を迫られる。

    実はこれはウィル先生とエマ先生が歌いながら、楽しそうにレッスンする現場をケンが見ていて嫉妬したからだ。

     

    そりゃ嫉妬するよな。。。。

    ケンさん、気持ち分かるよ。マジ、エマさんの目がハートマークやん。

    ウィル先生は罪な男やで。。

     

    またフィンと同じように、パック、マット、マイク、(カート)も選択を迫られるわけだが果たしてどうなるか。。。。

     

    ところでこの話の中でパックがレイチェルに迫るがレイチェルはソロも出来ない人は嫌ぁー!と断る。

    実際はレイチェルは常にフィンが大好きだからだけどね。。

     

    パック、ソロ出来ない発言で奮起。俺だったソロくらいできるぁ!

     

     

     

     

     

     

     

    | 達也 | 海外ドラマ(glee) | 08:48 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + スマートフォン画面に戻りたい。。。
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE